岡部志士 YUKIHITO OKABE

まつさかチャレンジドプレイス 希望の園所属
岡部志士 YUKIHITO OKABE
1994年生まれ 三重県在住 2013年から『まつさかチャレンジドプレイス 希望の園』に所属
クレヨンを塗って面を創り、色を消すようにニードルで削ってできたクレヨンのカスを集めて、粘土のようにして遊びながら作品を創る。ボードやキャンバスに、クレヨンにポスターカラーを加え着色した面をニードルで削る制作方法もある。実はその削りカスを集めてできたかたまり(本人はコロイチと呼んでいる)こそが本人にとって本当の作品であり、結果としてできた絵画はただの削り残したカスであり興味はない。
三重県をはじめ、東京、大阪、名古屋、スペイン(バレンシア)などでのグループ展にも参加、2014年ボーダレス・アート・コレクション「芸術がほどいてゆく境界」(高浜市やきものの里かわら美術館 愛知)出品、伊勢市と名古屋市で個展を開催している。

Affiliation: Matsusaka Challenged Place Hope Garden
born in 1994/ living in Mie/ at "Matsusaka Challenged Place Hope Garden" since 2013
He applies crayons, and sometimes acrylic paints, on canvases and then scratching the crayons and paints off with a needle. He considers what appears on canvases are simply a residue of his “real” art work, the lumps of crayon and paints shavings that he calls “Coroichi.” He has participated in various group exhibitions in Tokyo, Osaka, Nagoya, Mie as well as Spain (Valencia). His work was exhibited at the Borderless Art Collection 2014 (Kawara Museum, Takahama, Aichi). He also held a solo exhibitions in Ise and Nagoya.