前野一慶 IKKEI MAENO

前野一慶 IKKEI MAENO
まつさかチャレンジドプレイス 希望の園所属

2002年生まれ 三重県在住 
2015年からアトリエ「HUMAN・ELEMENT」にて制作を始める。
興味ある人物と関心のある世の中の出来事に空想を混ぜ合わせた世界を表現している発達障がいのアーティスト。
油性マジックペン等を使いカラフルに描いていたが、2019年から油彩でも制作している。
2017年「★バイタリ!松阪人ショー2017~世界でいちばん熱い2月~」ポスターに採用される。
第15回キラキラっとアートコンクール優秀賞。2020年「第1回アートパラ深川大賞」厚生労働大臣賞受賞。

Affiliation: Matsusaka Challenged Place Hope Garden
born in 2002/ living in Mie/ at "Matsusaka Challenged Place Hope Garden"

He started painting in the atelier "HUMAN ELEMENT" from 2015.
He is an artist with developmental disabilities who expresses a fantasy world that mixes interested people with the events of the world he is interested in.
He used oil-based magic pens to draw colorfully, but since 2019 he has also been making oil paintings.
2017 "★ Vitali! Matsusakajin Show 2017-The hottest February in the world-" Adopted for posters.
He won the 15th Glittering Art Competition Excellence Award. Received the Minister of Health, Labor and Welfare Award at the "1st Art Para Fukagawa Award" in 2020.