藤橋貴之 TAKASHI FUJIHASHI

新明塾 (京都)所属
1963年生まれ。20歳になって、新明塾の仲間と出会い絵を描く楽しさを知りながら、自分の世界を広げる。
20代、30代は染色、クリーニング屋さんなどで実社会経験も積み、真面目で着実な仕事ぶりは評価される。その後、一時期工房ソラに入所、さおり織や陶芸の絵付けなどでその造形感覚を発揮する。現在は自立を目指して一人暮らしをしている。

Affiliation: Shinmeijuku (Kyoto)
Born in 1963. In this solo exhibition, 22 of his work between 2006 and 2011 will be exhibited.
He draw imaginary parks, streets, and foreign landscapes that he might have seen in photographs. Although look like pastel paintings, he uses color pencils to create a detailed sceneries with rich gradation of colors.