野口敏久 TOSHIHISA NOGUCHI

工房集所属
1971年生まれ。「えへへ」「イッヒヒ」実に楽しそうに、面白くて仕方がないと言わんばかりの笑い声が聴こえて来る。
背中を丸めて、1つ1つゆっくりと‘てんてん’を落としていく。
1つのところにじ~っとポスカを溜めて、次は作品ごと持ち上げてインクを垂らして、模様を創り出す。
‘てんてん’と線のハーモニーが、綺麗であり飛び出してきそうな錯覚に陥る。

Affiliation: KOBO-SHU
Born in 1971. When he paints, he usually grins and laughs aloud for joy. In the studio, while slouching, he slowly drops paint to create numerous dots. Sometimes he lets the “dots” to streak to create accidental lines. The beautiful harmony of these dots and lines creates an illusion that the patterns he creates would jump out of the canvas.