現代 アウトサイダーアート リアル ー現代美術の先にあるものー
Contemporary Outsider Art REAL - What comes next for contemporary art? -

GYRE GALLERY

2019.9.7-10.27

現代 アウトサイダーアート リアル

ー現代美術の先にあるものー

 

            

 

 

開催期間: 2019年9月7日(土)〜10月27日(日) 11時〜20時 入場無料

開催場所: GYRE GALLERY

150-0001 東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE3F  03-3498-6990 

https://gyre-omotesando.com/access/

 

9月6日(金)19時〜21時 オープニングレセプション 入場無料 *会場の都合により、祝花はご遠慮申し上げます。

10月5日(土)13時半〜15時半 トークショー 『SEIZE THE DAY 今を生きろ』〜障がいのあるアーティストからのメッセージ〜

同日懇親会15時半〜16時半  モデレーター:加藤秀樹(構想日本)

パネリスト:長谷川眞里子(生物学者・総合研究大学院大学学長) 谷川じゅんじ(JTQ代表/スペースコンポーザー) 関根幹司(studio COOCA代表) 杉本志乃

 

共催: GYRE・一般社団法人Arts and Creative Mind

展覧会総合キュレーター・プロデューサー: 杉本志乃 (一般社団法人Arts and Creative Mind 代表理事・ACM Gallery ディレクター) www.aacm.tokyo

アートディレクション:ヒロ杉山 (京都造形大学客員教授、Enlightenment 代表)

写真:猪原悠

広報: 平尾香世子 (HiRAO INC代表)

事務局: 萩中華世 (一般社団法人Arts and Creative Mind 理事)

助成:日本財団 ・アーツカウンシル東京(Tokyo Tokyo Festival 採択事業)

協賛:
 プレミアムワイン株式会社

協力: ・ACM Gallery ・HiRAO INC ・Enlightenment・服部正(甲南大学) ・山下陽一(落穂寮) ・池谷正晴(第二栗東なかよし作業所) ・加藤秀樹(構想日本) ・capacious(大阪) ・北海道アール・ブリュットネットワーク協議会 ・株式会社アイム

 

参加団体・アイム(神奈川)・アトリエライプハウス(大阪)・Yellow(大阪)・KAeRU(北海道)・かたるべの森(北海道)・希望の園(三重)・工房集(埼玉)・新明塾(京都)・SWING(京都)・studio COOCA (神奈川) ・灯心会(岡山)・西淡路希望の家(大阪)・やまなみ工房(滋賀)・WaC(静岡)以上14団体 その他全国の福祉作業所 ・アトリエ等

 

出展作家・GAKU・加地英貴・高山勝充・茶薗大暉・山根ゆか・有田京子・黒瀬貴成・ミルカ・りくと・尾崎玖弥佳・吉田幸敏・ほんままい・岡部志士・西川泰弘・野口敏久・白田直紀・箭内裕樹・渡邊あや・藤橋貴之・XL・櫻本京一・伊藤太郎・岩本義夫・三本木海人・水野貴男・神楽谷・藤原正一・西原清次・井上優・大家美咲・岡元俊雄・城谷明子・中尾涼・杉本英司・西下紘生・山本鷹一 以上36名

*特別出展:近江学園(村木勇)・落穂寮・なかよし窯(澤田真一・紺谷彰男)びわこ学園(葛田恵美・梅本良純)

 

展覧会概要:

1  全国各地の福祉作業所・アトリエなどで生み出されたアウトサイダーアート作家の作品を50点ほど展示。

2  アウトサイダーアートの歴史に触れられるコーナー

3  9月6日(金)19時〜21時 オープニングレセプション /  
Press ツアー(レセプション当日18時〜19時)

4  有識者等によるトークショー開催 (10月5日土13時半〜15時半) 懇親会(15時半〜16時半)

5  展覧会カタログ制作 (執筆者: 横浜美術館館長/逢坂恵理子  ・甲南大学准教授/服部正  ・構想日本代表/加藤秀樹

・歌手/一青窈  ・アートプロデューサー/住吉智恵 ・テイラー/Taishi Nobukuni ・NPO法人Swing代表/木ノ戸昌幸 )

翻訳協力:みどりクリステンセン

 

展覧会要旨:

オリンピック・パラリンピックを目前に、近年国内でもにわかに注目を浴び始めた、アウトサイダーアート、アール・ブリュット。既存の西洋美術史の規範を離れた場所で制作されるこれらの表現には、必然的に心身に障がいのある作家が多く含まれ、保護促進すべきものとして、日本では福祉の文脈で語られることが多い。しかし、世界的には、コンセプト重視の現代美術と対をなす一つの概念として、精神的な面から美術を再考する大きな潮流として注目される。

表現することが生きることと直結し、時に一人だけの世界で制作をする障がいのある人々。それは、人が表現することとは何かを問うている。しかしながら、創作物が『作品』として世の中に出てくるには、常に第三者の深い関与が必要とされる。この展覧会がその役割を担い、現代の日本で活発に活動する36名の作品を厳選してご紹介する。さらに、この分野の芸術がどのようにして発見され発信されてきたかを振り返ります。そして、従来の位置付けに留まらない、人間の本能に働きかける、彼らのアートの無限の可能性を見つめ、21世紀にふさわしい多様なアートの世界をご堪能頂ければ幸いです。

 

お問い合わせ先:萩中華世(Hanayo Haginaka)

hana@aacm.tokyo

mobile: 090-6001-9040

 

Contemporary Outsider Art REAL

– What comes next for contemporary art? –

September 7 through October 27, 2019

 

Venue: GYRE GALLERY

Cosponsored by: GYRE・Arts and Creative Mind Association

Exhibition curator / producer: Shino Sugimoto (Arts and Creative Mind)

Founder / ACM Gallery Director   www.aacm.tokyo

Art Direction: Hiro Sugiyama (Visiting Professor of Kyoto University of Art & Design, Enlightenment Director)

Photographer: Yu Inohara

PR: Kayoko Hirao (HiRAO INC)

Executive Director: Hanayo Haginaka (Arts and Creative Mind)

Sponsored by: The Nippon Foundation/Arts Council Tokyo (Tokyo Tokyo Festival) etc.

Cooperated by: ・ACM Gallery ・HiRAO INC ・Enlightenment ・Tadashi Hattori(KONAN UNIVERSITY)・Yoichi Yamashita(Ochihoryo) ・Masaharu Iketani (The Ritto Nakayoshi Sagyojo) ・Hideki Kato(Japan Initiative)・capacious(Osaka)・Hokkaido Art Brut Network· ·Other social welfare workshops for the disabled etc.

 

14Partners: AIMU(Kanagawa), artschool ripehouse(Osaka),Yellow(Osaka), KAeRU(Hokkaido),Katarubenomori Museum(Hokkaido),THE GARDEN OF HOPE(Mie),KOBO SYU(Saitama),Shinmeijuku(Kyoto),Specified Nonprofit Corporation Swing(Kyoto),Studio cooca(Kanagawa),Toshinkai(Okayama),Nishiawaji kibou no ie(Osaka),

Atelier YAMANAMI(Shiga), WaC(Shizuoka) and other Social welfare organizations and Studios

 

36Artists:GAKU・Hidetaka Kaji・Katsunobu Takayama・Daiki Chazono・Yuka Yamane・Kyoko Arita・Takashige Kurose・Miruka・RIKUTO・Kumika Ozaki・Yukitoshi Yoshida・Mai Honma・Yukihito Okabe・Yasuhiro Nishikawa・Toshihisa Noguchi・Naoki Hakuta・Yuki Yanai・Aya Watanabe・Takashi Fujihashi・XL・Kyoichi Sakuramoto・Taro Ito・Yoshio Iwamoto・Kaito Sanbongi・Takao Mizuno・Kaguratani・Shoichi Fujiwara・Kiyoji Nishihara・Masaru Inoue・Misaki Ohya・Toshio Okamoto・Akiko Shirotani・Ryo Nakao・Eiji Sugimoto・Hiroki Nishishita・Yoichi Yamamoto

*Special Thanks: Omigakuen(Isamu Muraki)・Ochiho Ryo・Nakayoshi Gama(Shinichi Sawada・Akio Kontani)・Biwako Gakuen(Emi Kuzuta・Yoshizumi Umemoto)

 

 

Exhibition Outline: With the Olympics and Paralympics coming soon, Outsider art and Art Brut started attracting people’s attention in Japan. Outsider art is produced by the artists who are not connected to the conventional art world and not bound by rules established in the history of western art. Many artists with mental and physical disabilities are consequently included in the field. In Japan, in many cases it is discussed in the context of welfare, as the art which is something pure and innocent or something we should protect and promote. However, on a global level, it has been attracting people’s attention as a concept opposite to the contemporary art which has more practical side and a big trend that makes us rethink about the art from a spiritual point of view. What is the meaning of the fact that people still try to express themselves as an independent person even in a global society?

In this field, expressing themselves is often directly linked to their life and the work is often produced alone and unaided. In order for their creations to become ‘artworks,’ involvement of a third person is required. How our exhibition has been playing the role and how this field of art has been found and developed…at the same time as looking back at the historical facts, I would like to introduce outsider artists who are active in contemporary Japan. Their creations have gone beyond the definition of purity and innocence. By exhibiting their works as art, I would like to provide an opportunity for people to question the diversity of arts that are suitable for the 21st century.

 

Exhibition curator: Shino Sugimoto

 

Supported by Arts Council Tokyo, Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture