Magic Number 2018 vol#1 
〜夏の終わりの始まりに〜

ACM Gallery

2018.8.30 - 9.30

 

恵比寿西五差路に一般社団法人 Arts and Creative Mind (英語表記:Arts and Creative Mind Association) 運営の、アウトサイダーアート、アール・ブリュットをご紹介するコマーシャルギャラリーが新たに誕生 しました。当ギャラリーは、2020年以降を見据え、インクルージョンのレガシーをいかに残していく のかを考えるための空間です。発信力にハンディをもつ、アカデミズムの外側にいる多様な人々の表現を 丁寧に掬いあげ、社会とつなげていくことをミッションとしています。そして、ここは、彼らの作品が、 福祉の世界から一歩踏み出して、アートとして当たり前に評価される場所でもあります。アートディレク ションは Enlightenment 代表のヒロ杉山が担当、ギャラリー内装は小山登美夫ギャラリーや Fergus McCaffrey 表参道を手がけたムトカ建築事務所が設計、高いデザイン性と機能性を備えた魅力的な空間が 実現しました。オープニング展は「Magic Number 2018vol#1/vol#2」と前期・後期に分けたグループ展と して、既存の美術史の枠組みを軽やかに超えていく選りすぐりの作品が一堂に会します。 新スペースに皆様をお迎えするのを楽しみにしています。

一般社団法人ArtsandCreativeMind 代表理事 杉本志乃

 

ACM Gallery is a newly opened commercial gallery introducing Outsider art operated by Arts and Creative Mind Association in Ebisu, Tokyo. This is a space to think about how to leave a legacy of social inclusion after 2020. It is a mission to carefully find out expressions of diverse people outside Academism with handicap in emphasizing themselves and connect them with society. And here, their art works is appreciated as Art apart from the social welfare.
Hiro Sugiyama, representative of Enlightenment, took charge of Art direction.
And MTKA architectural design office, which designed Tomio Koyama Gallery and Fergus McCaffrey Omotesando, realized an attractive space with high functionality.
The opening show is a group exhibition divided into the former and latter periods as “Magic Number 2018 vol # 1 / vol # 2. The selection of art works go beyond existing framework of Art history. I am looking forward to welcoming you to the new space.

 

vol#1 展覧会 取扱い作家 *()内所属アトリエ XL(京都SWING) 水野 貴男 TAKAO MIZUNO(平塚Studio COOCA)  箭内裕樹 YUKI YANAI(埼玉工房集) 渡邉あや AYA WATANABE(埼玉工房集) 西川泰弘 YASUHIRO NISHIKAWA(埼玉工房集)